人妻出会い体験記

  • 投稿日:
  • by

人妻ヘルスに私のお気に入りがいます。気さくな感じでテクもあるので、結構通ってます。お金ももちろん使ってます。
人妻との出会いは、2年前で、1年位通ってから、ご飯に誘いました。最初はなかなか誘いに応じてこなかったけど、押しに押してようやくご飯に行きました。
それ以来3年の付き合いになります。
人妻ヘルスには、もう行きません。最初に裸の付き合いから入っているので、なんでもあからさまに話せる感じで心地いいですいね。
相手もそう思っていると思います。
人妻ヘルスでも人気があるので、いろんな男から口説かれるようです。
会えばエッチしますが、私が奉仕します。ヘルスで奉仕しまくっているので、プライベートでは、責めたくないようです。なんか分かるような気がします。
幸い私は、責めるのが好きなので、ガンガン愛撫したりクンニしたりしています。
私の献身的なエッチがその人妻の心をつかんだのかもしれません。人妻出会いサイトでも何人かの女性と出会いましたが、こんなにいい関係は初めてです。
あくまで、セフレの関係ですが、彼女が風俗嬢でなければ結婚したいくらいです。
人妻風俗で出会ったので、そこで働いていなければ多分出会ってないと思います。
でも、私は、彼女と付き合いながら別の熟女人妻ヘルスに通っているんです。それは、絶対言えませんけどね。
根っからの人妻熟女マニアなんです。アラフォーが守備範囲です。50歳超えるとちょっと萎えますね~。
自分でも何が基準なのか分かりません。あくまでフィーリングです。

そして、話は変わりますが、僕には子供の頃から姉さんのように慕っている熟女人妻の親戚がいる。その憧れの熟女人妻の親類と、僕は大人の関係を持ってしまったのです。
ことの起こりは僕の大学進学だった。第一志望に合格した僕は、念願の一人暮らしを始めるために上京した。
親戚が近くにいれば、なにかと世話を焼いてくれて、お前も助かるだろうと親父がそう言って、僕は父の姉にあたる叔母さんの近所のマンションを手配してくれた。
もう子供じやないんだから、世話なんていらないのにと、そんなことを言いながらも、僕は内心うれしくてしょうがなかった。あの熟女の親戚と、近所で暮らすことができる。舞い上がってしまいそうでした。
初めての出会いは、小学生のころだと思います。記憶は定かではありません。もう少し小さいころに会っていたかもしれません。小学校の頃から、お盆に親父の実家に行っては彼女に遊んでもらっていた。
18歳年上の優しい姉さんのような存在の親類は、僕にとって別世界の人間だった。白いワンピースの夏服からすらりと伸びた手足、曰焼けした肌に映える真っ白な歯の笑顔。
思えば、あのころの親類もまだ20代。甘酸っぱい思い出だ。それが今では立派な熟女です。美魔女と言っていいでしょう。
東京で一人暮らしを始めて7年ほどになる。会うのも5年ぶりだ。
昔と雰囲気が変わっていたらどうしようかと思ったけれど、挨拶しにいったら、昔より、ずっと大人っぽくきれいになったアラフォーの人妻熟女が笑顔で僕のことを出迎えてくれた。
そんな彼女とエッチすることになるとは夢にも思いませんでした。彼女が僕の体を抱きしめて、そのままペニスが熱い膣の中に入っていく。
うまく腰の角度と呼吸を合わせてくれたのかもしれません。初体験なのに、自分でも驚くほどスムーズにすんなりと挿入できました。
僕の胸は感動でいっぱいだった。
正直、女性が苦手な自分は、一生童貞なんじやないかと心配していたのだ。でもスムーズにエッチできました。しかも相手は、子供の頃からの憧れの人だ。男にとってこれ以上の幸福なエッチなんてないと思う。
初めて知る女性の体は、想像よりかなり気持ちよかった。まず、思っていたよりもずっと熱くなっていた。僕自身も、その熱さの理由のひとつなのだろうかと考えるとうれしくてたまらない。
もう、忘れられない。毎日エッチしたい気分です。これがセックスってやつかと噛みしめた1日でした。
それからは、人妻出会いサイトでエッチをしたり人妻ヘルスに言ったりと盛りの付いた猿とは自分の事だと思う行動を続けました。不倫SNS

婚活出会い成功

  • 投稿日:
  • by

彼は、婚活がうまくいって結婚しています。3歳年上の、大金持ちと結婚しているのです。
彼は、結婚して10年も経ったいまでも、奥さんに内緒で若いセックスフレンドまで持っているのです。
私は、彼をうらやむ態度を取ってたけど、内心ではお盛んな彼を羨ましく思っていたというのが本音です。
そんな時、彼からモテないんだったら、女を紹介してやるよ。そんな突然、突拍子もない提案を突きつけられたのですから、私は唖然とするしかありませんでした。
彼というのは、悪友の男です。出会いを演出してくれているのですが、そんな出会いは遠慮したいです。
私が意地悪く言うと、彼は機嫌を悪くしました。 でも、私は、婚活がうまくいかないのなら、人妻と浮気したいのです。チャンスは、ほとんどありませんが、人妻との浮気なんか許されるはずもなく、今まで、彼女以外の女を知らない。恥ずかしい限りです。
ほぼ童貞です。お見合いを終えてしばらくは寂しい毎日を送ったのです。ただ、半年過ぎた頃になると、かなり前向きになってきました。
元気だった彼女が、何の前触れもなくあっさりと死んでしまった。
苦しむこともなかったので、幸せな最期といえなくもないが、人間誰しも明日の事は分からない。もちろん、自分も同じだ。
私の下半身の衰えは、隠せません。もう時間がない。早くら婚活したい。いつお迎えが来るかもしれない。そのときにやり残したこどがあれば、あの世で後悔するだろう。
なら、後悔しないためにも、今できることを全部してしまおう。とはいえ果たして自分にとってやり残したこととは何ぞや。旅行もしたいし、美味いものを腹いっぱい食べたい。
それこそやりたい事は山ほどあるが、全部をこなすには経済的にも時間的にも、体力的にも余裕がない。
じゃあ何をしたいのか。これさえしておけぼ、未練を残さない事は何なのか?散々考えた挙句、思いついたのがやはり女だった。
わしは女の前の彼女しか知らない。けれど、世の中にはむしゃぶりつきたくなる女が大勢いる。
これまでなら彼女が怖くて、その手の店に行くことも躊躇したが、今は晴れて独身だ。
誰に何を言われることもない。好きなように生きて行こう。
そういう風に弱気にもなったが、お金は、ある。残りの人生、この金で存分に楽しんでもバチは当たるまい。

しかしながら、自分で言うのもなんだが、結婚しないでうかうかとのんびりしているうちに、いつの間にか冴えない中年男になってしまった。
隣の部屋に20代の夫婦が越してきたのは、2か月くらい前のことだ。引っ越してきた挨拶もないし、表札を出してないから名前もわからない。
だが、この夫婦は引っ越してきた晩から、毎夜のようにエッチしている。なにしろ安いアパートだから、薄いベニヤ板を通して隣の私のところまで音が聞こえるのです。
その若い妻は、かなりかわいい感じで、お水系だ。是非私も挨拶をお願いしたいくらいです。
毎日かなり激しい行為をしているようた。
結婚に縁のなかった中年男には、なんとも悩ましくまた妬ましくもある。
そんな激しい音だけ聞かされるのはたまらなくなる。そっと廊下に出た。
興奮して、しばらくは身体を動かすこともできませんでした。 悪い夢を見たと思って忘れよう。わたしは自分に言い聞かせました。ところが、本当の悪夢はそれから始まったのです。
安アパートにしては、妙にしっかり作ってあって中は見えない。それで、ドアの隣にある台所の窓を横に引いてみた。すると、開くではないか。そこから裸のふたりが見えた。
本当に喧嘩のようなエッチなのだ。これから毎日生で他人のエッチが見れるのです。もう、アダルトビデオを借りる必要もないのです。

バーでの大人の出会い

  • 投稿日:
  • by

とあるバーで一人の人妻と知り合いました。さすが人妻っていうか、反応が早いんです。

私の下心をとっさに察知したようで、かなり警戒されました。でも、何とかそこをほぐして2人で飲むことになりました。

そして、ほろ酔いになったところで、思い切ってホテルに誘いました。最初は、断られましたが、めげずに口説いているとだんだんその気になったみたいで、お泊りすることになりました。ちょうど旦那が出張中のようでした。それで一人で飲みに来たようです。

お酒が好きみたいで、コンビニでお酒を買ってホテルで結構飲みました。

そのまま、何もしないで終わりそうな勢いでしたが、そうはさせじとがんばりました。そして朝を迎えてそのまま別れました。

メアドは交換したので、また会いたかったのですが、そのままフェードアウトでした。

でも、いい出会いを経験できて大満足です。そのバーにその人妻と会うことを期待してよくいくのですが、2度と会えませんでした。残念です。

でも、その体験が私の女性への接し方に自信を付けたのか、女性に声をかけることに抵抗がなくなりナンパもうまくいくようになりました。やっぱり自身は大切ですね。何事にも!これからは、飲み屋だけでなく待ちでもどんどん声をかけていこうと思う今日この頃です。

大人の人妻出会い

  • 投稿日:
  • by

大人の人妻出会いサイトで知り合った男は、ハンパない性欲の持ち主でした。
これは、レイプではなくレイプごっこだと自分い言い聞かせました。
私たちはこんな形でマンネりになってしまった夜の生活から逃れようとしたんです。出会いサイトで知り合った男は素顔をさらけ出してからもレイプ男の口調で私を攻撃してきました。
「イヤだって言いながら濡らしてるじゃないか。固いチンポが欲しいんだろ。言ってみろ」
「欲しい。夫以外のチンチンが欲しかったの。この固いの、ちょうだい」 あたくしが叫ぶと、男はあたくしの両脚を肩の上に持ち上げて、固いぺニスを突き刺してきました。 そう叫ばずにはいられないほどの固さでした。 まるで新婚時代に戻ったかのような固さだったんです。 男はただ突くだけでしたが、あたくしはそれで十分でした。 「欲しかったの」 私が叫ぶと、同時に彼の熱いものが膣内に飛び散るのを感じました。 このレイプごっこで私たちは、機能してしまいました。 以来、レイプだけじやなく、様々なシチュエーションを取り入れ、燃えに燃え上がったんです。人妻が女教師になり、生徒役の夫を逆レイプなんてのもあります。
50代の夫が「まだ女とやったことがないんです」などと言うのは、笑止千万かもしれませんが、あたくしも夫も自分たちが決めた役に成り切っていたので、異常なくらい興奮しました。
童貞の中学生に成り切った夫の勃起ペニスは今も鮮明に覚えています。
夫は50歳過ぎてからの激しいエッチのせいか、、60歳で病死しました。 還暦を迎えた今、かなり孤独です。
でも性欲がなくなったわけではありません。昔の事を思い出しながら、オナニーしてます。

浮気願望

  • 投稿日:
  • by

男女無関係で、浮気願望は、誰しもあるように感じますが、男尊女卑の時代が去ったと云われる今では、人妻の浮気率も相当高くなったようです。
しかしながら、男性と女性の浮気には、微妙に、異なる面が幾つかかい間見られるようですので、それらをかいつまんでここに述べたいと思うのです。


先ず、男性の殆どの浮気相手は、自分の勤務先の後輩だったりと、意外と幅が広いとは言えないように思いますが、その点、既婚者の人妻で、しかも、専業主婦の場合は、空いた時間を利用してのネットでの人妻出会い系に興味を持ったりしての、日頃、自分とは無縁であっただろう男性との出会いから始まる浮気もありますし、子供の習い事の講師だったり、幼稚園の男性教諭、ハタマタ、スイミングスクールのインストラクター等と、男性よりも、幅の広さがあるようです。


その浮気の理由も様々で、男性の場合は、勤務先の女性の後輩や部下からの行動によって、自分が、その女性から好感を持ってもらえているという、自分は、他の男性社員とは、異なり、一男性として好かれているといった、確証をもつようになった時が一番、浮気率が高いようですが、その点、人妻の場合は、勿論、夫や、恋人という存在の男性以外の男性からも、自分はモテたいという願望が、男性よりも強く、又、自分の女友が、他の女性からもカッコイイと思われている男性から好感を持たれていると知ると、横取りしたいという女性特有の嫉妬心が火をつけるパターンも数多くあると思うのです。
その場合、男性よりも、女性の方が、自分が既婚者であり、子供がいるとか、恋人がいるとかといった、自分の気持ちを抑える能力は、意外と男性よりも、低い女性が増加してきたのも特徴の一つで、確かに、既婚者であれ、恋人がいても、男性の中にも、浮気をする人もいますが、それらの男性は、元々、浮気癖のある人であって、殆どの男性の理性は、女性よりもあるように思いますが、それらは、イコール男性の方が、弱気というか、小心者だからという女性の意見も一部ありました。


又、男性の浮気は、限られた預貯金や、自分のお小遣いの範囲で動く人が多いのですが、人妻は、自分の出来る限りの金銭を男性に費やしてのプレゼントをするといった大胆さも持ち備えているのも、女性と男性の浮気の異なる一面でしょう。
これらから見ると、モラハラ問題等に関しても、その原因は、100%男性側にあるとも言い難い、男女の生まれ持っての特徴が絡んでいるようにも感じるのですが、いかがでしょう。

気になっている人妻からの衝撃の一言

  • 投稿日:
  • by

町内会の旅行で鎌倉と湘南に行きました。私はその時にすごく気になっていた人妻がいました。
だいたい35人くらいで男女3人ずつの6人の班を6班作りました。それでたまたますごく気になっていた人妻と班が同じになりました。
今まで話した事はありませんでしたが、ほとんどの時間が班行動なのでこれを機会に距離を縮めるチャンスだと思いました。バスで鎌倉、湘南に行きました。
バスの席は離れていたので、現地に着いて旅の説明があった後、班行動に移りました。最初は鎌倉エリアの観光を班行動でしました。
その時私は人妻に話しかけてみようと思いましたが、緊張してなかなか話しかけれませんでした。友達が人妻に話しかけてその流れで私も話しかけてみようと思いました。
それで昼食の時男女6人でおしゃべりする機会がありました。だんだん慣れてきて好きな人のタイプの話になりました。
私はもちろん気になっている人妻のタイプが知りたかったです。その女性は優しくて清潔感があってスポーツマンの人がタイプだそうです。
私はそれに該当しているかは微妙ですが近づいてみようと思いました。それで1回班行動が終わり、全員集合してバスで湘南に行きました。湘南といえば海です。
まだ海水浴シーズンではなかったので人はほとんどいませんでした。海岸でまた班に分かれて班行動になりました。私達の班は海岸で座っておしゃべりをしていました。
すると友達がサッカーボールを1個発見しました。それで私達の班の他もう1組の班の男女6人を呼び海岸でビーチサッカーをしました。
女の子も一緒に混ざっていたのである程度手加減はしましたが、私は気になっている女子がいたのでここはいい所を見せようと思い、すごく張り切ってしまった部分もありました。
1回シュートを思いっきりしてしまい違う班の女の子に当たりそうになってしまいました。友達から少し張り切り過ぎだよと言われました。班行動が終わりバスの前に全員集合して学校へ帰る準備をしました。
帰りのバスではみんな疲れていたため寝ていた人がほとんどでした。学校に着いてバスから降りた後、気になっている人妻が私にサッカーうまくて格好良かったよと声をかけてくれました。
班行動ではみんなで会話していましたが、その一言が初めて2人だけで会話した最初の一言でした。とてもうれしくて今になってもその一言はよく覚えています。